読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

低い声で呟く

横浜市内在住、オタクな3児の母によるブログです。

それはどういう状況なのか

自分で算数の問題を作って解くというのは、家庭学習の定番だと思います。

長女は3年生なので、今は丁度、割り算の文章題を作ったりしています。たまに「それはどういう状況なのよ? 」と尋ねたくなる問題が現れます。

例えば「本が〇冊あります。△人にあげると何冊ずつですか? 」

何人か集めて同じ数ずつ本をあげるって? それは蔵書の処分とか、自身で出版したものを知り合いに分けるとか?  前者なら、各人の好みがあるから「そんなにいらない」「この中には欲しいのがない」とか、断られることもあるんじゃないか? などと、余計なことを考えてしまいます。

あと「ストラップが〇本あります。※人で分けるといくつになりますか」

ストラップそんなにいらないよ〜。キャンペーンで余った景品を山分け、みたいな感じなのでしょうか。

毎回、お菓子や文具や花や人ではつまらないと、本人も色々考えているんだろうなぁ。やる気をなくしてほしくはないので、細部には突っ込みません。