読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

低い声で呟く

横浜市内在住、オタクな3児の母によるブログです。

稲庭うどんの製造体験

秋田の名物に「稲庭うどん」というものがあります。細くて平べったいうどんです。

佐藤養助商店_知る_手造り体験コース

去年帰省した後だったか、夫が「こんなのあるんだって。やってみたい気がする」と言ってきたのです。その時は「いいね」と答え、後に提案があった石ノ森萬画館の方が優先事項になってしまった感じで何も言いませんでしたが、ちゃんと覚えてましたよ!

前日までに予約が必要ということで、体験可能かどうかをメールで問い合わせると、そのメールで仮予約という形にして下さいました。ここで初めて夫に話し、「花火の直前でバタバタするし…」となんだか消極的な返事が来たのですが、「毎年のことじゃん! 」とやや強引に参加を決めてしまいました。

朝、カーナビに住所を入れて…と思ったら、「湯沢市稲庭町」がない! そうだった、このナビ合併前の住所でしか出ないんじゃん(古いから)…。横浜や仙台では不自由しなかったので忘れていました。実家は思いっきり旧住所の登録だというのに(1字しか違わないけど)。とりあえず旧町名「稲川町」の町役場を登録しました。公式サイトの地図にある「湯沢市役所稲川庁舎」がこれに当たります。

稲川町役場を過ぎてから「どこまで行けばいいんだろう…」という心境になってしまいましたが、夫がスマホのナビで検索してくれました。

製造工場見学もできるようになっていて、早めに着いたら…と思っていましたが早くは着きませんでした。体験工房内のパネルで工程を説明して下さいました。稲庭うどんが出来上がるまで4日かかるそうです。体験できるのは2日目の工程「手綯(な)い」「熟成」「つぶし」「延ばし」の作業です。

練ってたらいの中に小巻きにされた生地が用意されていて、これを両手で撚りながら、壁に取り付けた2本の棒に8の字になるように掛けていきます。これが「手綯い」です。

f:id:mys31055:20130828024310j:plain

f:id:mys31055:20130831000737j:plain

f:id:mys31055:20130828024313j:plain

上から夫、長女、次女です。性格が出るそうな。職人さんの技術には遠く及びませんが、長女が速くて「才能 !? 」と思ってしまいました(本人は「ないない」と)。

この後、2本の棒を抜き取って、木箱に入れて熟成させます。次の工程の説明を聞いたらすぐに出して作業に移る感じです。実際はもっと長時間熟成させるのでしょうね。

そして、台の上で粉を振って

f:id:mys31055:20130828030703j:plain

伸ばして手前の金具にもう片方を引っ掛けます。

f:id:mys31055:20130828030700j:plain

「バイバーイ! 」と手を振るように粉をまぶします。

f:id:mys31055:20130828030656j:plain

重なっている部分がくっつかないように指を通します。

f:id:mys31055:20130828030000j:plain

真ん中から端の方に転がしてつぶします。

f:id:mys31055:20130828025957j:plain

 再び木箱に戻して熟成させます。

f:id:mys31055:20130831004544j:plain

それから隣の部屋で、延ばす作業をしました。

f:id:mys31055:20130828030646j:plain

片方の棒を器具に挿して、ぶら下げるようにします。3段階に分けて延ばしました。生地の丈夫さと弾力にびっくりです。

体験はここまで。この後乾燥させ、裁断したうどんを送ってもらうこともできます(送料は自己負担です)。勿論、送ってもらいました。

f:id:mys31055:20130830152809j:plain

5人分ということでどっさりです。まだ食べてません。手綯いの状況から見て、結構太さに差が出るかと思っていましたが、その後でつぶして延ばしているから、あまりわからないかな…。

楽しい体験でした。申し込んで良かったです。長男は一部の作業(「バイバーイ」と粉をまぶすのと、麺棒?でつぶす)を私に抱っこされた状態でやっただけなので、彼が大きくなってからまた体験したいです。この晩、長男が寝転んだ私の腹を台に見立てて「バイバーイ」「ゴロゴロ」とやっていたのには笑いました。

終わってお昼になっていたので、お店の方で食事もしました。これから花火大会に向かうのだろうと思われる浴衣姿のお客さんも多数で賑わっていました。SA等での食事の度に「ぼくは、うどん」と言い続けてきた長男が、なぜかここでは「ごはん」と言って、いやいや、ここではうどんにしようぜと説得する親。弾力があるので噛むのが大変だったかな…。私は炊き込みご飯とのセットを頼んだので、当然狙われてしまいました。専門店で食べたのは初めて。おいしかったです。やっぱり写真がなくてごめんなさい。