読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

低い声で呟く

横浜市内在住、オタクな3児の母によるブログです。

「おすもじっ!◆司の一貫◆」

ようやく9巻・10巻を購入しました。書籍や映像作品については「(作品タイトル)」という記事名で書くことが多かったのですが、この作品については違う記事名で2回触れています。

これで終わりなの…? - みすみよしかのブログ

今週のジャンプ表紙を見て心に湧いた思い - みすみよしかのブログ

全巻通して読んだということで、改めて。 

おすもじっ!◆司の一貫◆ 10 (少年サンデーコミックス)

おすもじっ!◆司の一貫◆ 10 (少年サンデーコミックス)

 

 ちなみに1巻の表紙はこちらです。

おすもじっ!◆司の一貫◆ 1 (少年サンデーコミックス)

各巻、上部のお寿司の写真も違っていておいしそう。カバー折り返し部分に「表紙の鮨」「表紙の花」の説明がある凝ったデザインです。でもその代わり、作者のコメントがないんですよね。おまけページもある巻とない巻があり、正直、もう少し先生方の声が聞きたかったです。

普段10巻表紙のイラストのように、髪を下ろして寿司を握っている訳ではないと思います。「本来の姿」ぐらいの感じでしょう。最終話中では、顔のアップで髪型は変わってないように見せかけて実はバレッタでまとめてました、という描写でした。

初めの頃の、寿が繰り出す下ネタにいちいち失笑、男と思い込んでいる司に対して思わずときめき、焦る様子もかわいらしい(笑)。寿が「ウィッシュ」やってるコマがあったけど、DAIGOのイメージなのかな…。あんなにゆっくり喋ってる感じじゃないけど。

寿は将来、司の良きライバルになるかもよ、と家元が仄めかしてましたね。この頃からバトルの構想はあったのかな。

最終話の2話前で、床に座って眠り込んでいる寿に寄り添う司。この構図、第一話(この作品の表記では「第壱貫」)にもありましたねぇ。忘れてたけど。その頃からの二人の成長や気持ちの変化が感じられる、いい絵だとしみじみ感じます。

しかしやっぱり、寿と鶏の関係がはっきりしなくてモヤモヤするわ…。多分、兄弟なんですよね。しかしそう考えると今度は、彩香とはどうなのよとまたモヤモヤするんですよね。寿が彩香とは血の繋がりがないようなことを言ってたこともあるし。鶏が大志万の旦那(寿と彩香の父)を問い詰めようとしたら、同席していた準爺(鶏の祖父)に「知らなくていいこともある」と撥ねつけられてしまうシーンがあるのですが、それで引き下がっちゃうの? いいのかよ…と読み手の方が納得いかないです。前にも書いた通り、最終話で突然、鶏と彩香が仲良くなってるし。個人的にはこれが恋人同士なのか兄妹なのかがすごく知りたいです(笑)。そこまでに何があったのか、鶏が主人公のスピンオフ作品で読みたいくらい。そういえば、単行本に補足的な加筆があることを期待していましたが、なかったのがすごく残念です。もう1巻分くらい続いてほしかったなぁ。私も、毎週アンケート葉書を出すべきだったんだろうなぁ…と、好きな連載が中途半端に終わってしまうといつも思います。