読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

低い声で呟く

横浜市内在住、オタクな3児の母によるブログです。

正真正銘、女なんですけれど…

容姿を仄めかすものとして「かろうじて性別はわかる程度」という表現を見ることがあります。性別わかるだけいいよね、と思ってしまいます。

私は10代後半から20代前半にかけて、初対面の人に男性と思われることが半端なかったです。今はだいぶおばちゃんっぽくなってきたと思っていますが、たまに厚着の季節に夫抜きで子供達と出掛けたときに、訪問先の職員の方に「お父さん」と呼ばれてしまい、子供達が気付かないよう祈りながら流したりもします。夫が一緒なら「こっちは嫁か」とわかるのでしょうけど。

髭が生えていたり喉仏が出ていたりはしませんし、所謂「安産型」の体型(腰幅が広い)です。だから全体をよく見てもらえればわかるはずだと信じていましたが、胸と声が最初に与える印象は大きいみたいです。

  • 高校の帰りにバスで友人と談笑中、脚にぶつかってきた小学生に顔をまじまじと見られ、「男の人かと思った」と言われる(制服の上にピーコート着用、下はスカート)
  • 大学に入って生協委員というのをやり、同じ学部の他の委員は、合宿の部屋割りで初めて女子だとわかったらしい
  • 単発のバイトの待ち合わせで「女の子が来るって聞いてたけど」と言われる(Tシャツにジーンズ)
  • 女子学生のみ募集していたバイトの同僚に、苗字に「くん」付けで呼ばれる
  • 寮の後輩に「最初見たとき『ケツがでかい男』と思いました」と言われる
  • 男女で料金が違う大学生協の床屋(女子は100円高い)で男性料金を請求されたが、別の理容師さんは気付いた

事実を知って平謝りされると気まずいので、さらっとそのまま流したいと思うのですが、残念ながら名前は明らかに女子の名なんですよ。なので大体、名乗った時点で「えっ、…ごめんなさい」ってなるのがすごく嫌でした。こういう場合の偽名でも考えた方がいいのかなぁなどと思いつつも、バイトなんかだと詐称する訳にもいかないですよね。お金が絡まない一期一会でも、後でどのように影響するかわからないし。

更に、この頃は年齢も若く見られがちで、人生経験が浅いと思われているのかと悔しかったです。小学5年ぐらいの時に「高校生? 」と言われたことがあるけど(身長が158cmぐらいあった)、大学卒業後にも「高校生? 」とよく言われました。もし事件とか事故を起こしたら、目撃者から「中肉中背、高校生くらいの男」と証言されて捜査を混乱させるんじゃないかと思いました。今は年相応か、少し老けめに見られていると思います。長女が幼稚園に通っていた頃は、同級生のお母さんに年齢教えて「あ、若い…」と言われる感じでした。

愚痴ると「化粧で何とでもなるでしょ」と言われたものですが、私、汗がすごいんです。夏場はファンデーションが5分も持つかどうか…。

汗がすごい人 - 低い声で呟く

という言い訳で納得してくれる人もいれば、「ウォータープルーフがあるじゃん」と食い下がる人も。ごもっともですが、そこまでするモチベーションはありません。化粧品にお金をかけるよりも本やCD買いたい、化粧に時間かけるよりもギリギリまで寝ていたい方でした。スーツを着る機会や、結婚式に呼ばれたりなどした場合は一応やってます。次女が小さい頃の義弟の結婚式や長男が小さい頃の次女の入園式では「なんか違う」と思われたみたいで、抱っこしたちびっ子に顔を背けられていました。

それから声については、一度だけの不可解な経験があります。声優の養成所に通っていた頃のことです(基礎科から進級できずに挫折しましたので、声優として活動したことはありません)。担任が休みで、代わりの先生のレッスンを受けたことがありました。どういう流れだったかはよく覚えていませんが、私の声を聞いて「君、地声はもっと高いんじゃないか? 」と仰いました。体育会系だからと、無意識に低く出そうとしているのではということでした。そして本来の声を出せるよう暗示をかけてもらって、大声出したら高い声だった、みたいな。体育会系って見た目で言ってるよね、低い声自覚したのは運動嫌いだった小1の時なんだけど…と疑いながらも、同じクラスの友達によるとその時の声は高かったらしいです。貴重な経験だったのでしょうが、生かしきれずに終わってしまいました。

中身は普通に女で、身体的には月経は毎月あり(若い頃はきちんと周期を把握してはいなかったけど)、一人称が「俺」だったり、自称サバサバ系っぽい今にして思えば痛い言動をしていたこともあります(当時の自分を殴りたい)が、心も明らかに女子でした。当時の片思いなんかを思い出すと甘酸っぱい…しかし、私に惚れられていた相手は恐怖を感じていたかもしれないなと、申し訳ない思いも湧いてきます。

こんなんだから、将来結婚とか無理かもな。同性愛者のカモフラージュに利用されるかもしれない、なんて考えていました。しかし、夫が私を異性として好きになってくれたみたいで(最初は私が持っているゲームキューブが目的で近付いたんだと思うけど)、今に至ります。

現在、新井理恵先生がスピカで連載中の「ナデシコヤマト」。 

 表紙に描かれている人物は、二人とも女性です。上が「見た目はイケメン、中身は乙女」の大和伊織、下が子供の頃からの伊織の理解者であり、親友の河原撫子。W主人公と言うか、撫子が主人公で伊織がヒロインかなぁ。伊織は顔は綺麗だしスポーツはできるし実は巨乳だし、男と言い張れそうな名前だし良き理解者はいるし、羨ましいと思いながらも、イケメンぶって強がった後へこんで泣く気持ちがすごくわかります。すごく親近感。二人とも同じ会社で働いており、伊織の本性は既に社内ではバレバレだったりします。高校の同級生で、中途入社してきた同僚の清水に二人とも恋心を抱いているので、この先どうなるのかなー。やっぱりみんなでハッピーなラストかなぁ。不器用な伊織も、保護者のように見守ってきた撫子も、幸せになってほしいなぁ。続きが楽しみです。