読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

低い声で呟く

横浜市内在住、オタクな3児の母によるブログです。

身元バレについて

人気ブロガーが身バレせずにブログを書き続けることの難しさについて - 人生夢オチ

 

人気ブロガーではありませんが、上の記事を読んで少し考えました。

先月下旬、大きな影響力を持つ方々にブクマしていただき、ツイッターで言及していただき、アクセス数が普段の30倍くらいになった日がありました(普段が30くらいだから…)。アクセス数が増えるとブコメで罵倒されるものだと覚悟していましたが、穏やかなものでした。燃えそうなことは書いていないつもりだけど、世の中は理由のない悪意に満ちていると言うし。

これだけ多くの人に訪問されたのなら、リアルでの知り合いも何人かはいるのでは、と思います。知り合いにとっては特定容易だろうなぁ。小中学生の頃の話とか、結構詳しく書いてるし。

私はFacebookに登録していますが、ブログとは連携させていません。

ブログとfacebook - 低い声で呟く

続・ブログとfacebook - 低い声で呟く

二番目の記事で、連携させない理由の一つとして、次女が1型糖尿病であることを無制限に知られたくないと挙げましたが、どっちもどっちなんですよね。これを書いたときの気持ちとしては、予め知れ渡っていた方が説明の手間が省けて楽なんだろうけど、敢えて本人が成長した後どうするか決めさせたいということでした。キャンプやセミナーに出れば顔見知りは増えていくし、隠す必要もなければわざわざ広める必要もないという感じでしょうか。

Facebookの友達は、二番目の記事以来増えてはいません。旧姓を登録せず、プロフィール写真は似顔絵なので、パッと見では昔の知り合いはわからないだろうなと思います。出身校や生年月日は公開しているので、わかる人はわかるでしょう。それで十分です。もしかしたら、すごく気持ち悪い人と思われているかもしれないということに最近気付きました。夫の名が、昔好きだった人と漢字も同じなんですよ(姓は違います)。勿論たまたまで、ネタとして話すこともあったのですが、「昔好きだった人のことが忘れられなくて、同名の人を見付けて結婚にこぎ着けた」と思われていても仕方ないかなぁと(笑)。当時の知り合いは知っていて避けているのかも。

このブログについては、知り合いに「読んだよ」などと言われたことはないです。夫は知っていますが、友人には特に話していません。ブログを読んでみすみよしかが私であると気付いた旨、親しみを込めて言われたら多分喜びます(相手によるけど)。いきなりマイトガインの話題を振ってこられるとか、大歓迎です(笑)。元々「匿名だから」とやりたい放題なつもりもないので、身バレを認識した後も同じようなことを書き続けるんじゃないかなぁ。

弱みを握ったつもりになられると面倒くさいなぁとは思います。「お姑さんにも教えちゃおうかしら? 黙っていてほしかったらこの商材を…」なんて言ってくる人がいたらと、新井理恵先生の漫画に登場する勘違いキャラのビジュアルで想像してしまいます。別に弱みでも何でもないので「どうぞどうぞ、教えてあげてください」と返した後の反応も含めて。